賃金業法の改正により専業主婦等の収入がない立場の人は消費者金融を利用するのが難しくなりました。
しかし手詰まりで必ずしも全て無理ではなく消費者金融によっては配偶者の存在とその収入を証明する書類を提示すれば借入れが可能と、専業主婦でも借りられるところは存在します。
もちろんその書類を用いて審査が行われるので、その審査に通らなければ意味がないものとなってしまいますが。

そしてそういった収入がない方や専業主婦でも借りられる場合には借入れできる金額が低く設定されていることが多いです。
ただ少ないといっても利用する側としては充分な金額であることが多いので、あくまで緊急での必要な一時的な金額として利用することができます。
もちろん無計画に消費して返済ができなくなったという事態にならないような使い方をする必要はあります。
そして業者によっても利用のルールが変わってくるので、それも含めて利用する業者を選ぶ必要もあります。