消費者金融では様々なサービスがあり、融資を行っています。
融資に際しては無理が発生しないように様々な規制がかけられていますが専業主婦でも借りられるようなサービスは原則として存在していません。
例外があるとすれば銀行系に変わった消費者金融が配偶者の信用を元に融資をするケースがあるくらいです。
専業主婦でも借りられるサービスがないと言うのは、専業主婦には単独で返済能力を証明する手段がないからでもあります。

なお、これらの信用問題を突破して融資を受けた場合はしっかりと契約に基づいた期日までに返済する必要があります。
これを怠ると遅延損害金という名前のペナルティを取ることが法的に認められています。
これは利息とは別に課されるもので、概ね利息の二倍があると言われています。
正確には借入総額によって上限が変わってくるため明確にするのは困難であるが、22~29%程度が遅延損害金の上限とされています。
あくまでも上限のため交渉は出来ますが、法的に認められたものですのでそうならないように注意しましょう。